English Search

環境への取り組み

保有資産の中で特徴的な取り組みをご紹介します。

「星のや軽井沢」約100年続く自然との共存思想

1914年 - 星野温泉旅館開業、1921年 - 芸術自由教育講習会開催 温泉掘削や水力発電の設置などを通じて旅館機能が充実し、多くの文化人が訪れるようになりました。1921年から始まった「芸術自由教育講習会」には、内村鑑三、島崎藤村、北原白秋などが集い、当時の文化を牽引する場となったのです。、1929年 - タービン水車による水力発電開始、1974年 - 国設 軽井沢野鳥の森として指定 星野温泉に中西悟堂氏が滞在し、「今までは野鳥を食べていたが、これからは見て楽しむ時代になる」と話し、さらに星野エリアと隣接する国有林を、世界的にも多種類が生息する野鳥の宝庫であると指摘。その意を受けて、中西悟堂とともに生態系の保護活動を働きかけた結果、全国で初めて国設の野鳥の森と指定されます。1914年 - 星野温泉旅館開業、1921年 - 芸術自由教育講習会開催 温泉掘削や水力発電の設置などを通じて旅館機能が充実し、多くの文化人が訪れるようになりました。1921年から始まった「芸術自由教育講習会」には、内村鑑三、島崎藤村、北原白秋などが集い、当時の文化を牽引する場となったのです。、1929年 - タービン水車による水力発電開始、1974年 - 国設 軽井沢野鳥の森として指定 星野温泉に中西悟堂氏が滞在し、「今までは野鳥を食べていたが、これからは見て楽しむ時代になる」と話し、さらに星野エリアと隣接する国有林を、世界的にも多種類が生息する野鳥の宝庫であると指摘。その意を受けて、中西悟堂とともに生態系の保護活動を働きかけた結果、全国で初めて国設の野鳥の森と指定されます。

エコリゾート星のや軽井沢の完成

自然環境との共生、そして顧客満足と事業収益を高いレベルで両立する運営ができるリゾートオペレーターを目指し環境経営に取り組んでいます。

Sustainability の考え方

地権者・所有者・金融機関が利益を損なわない環境対策で地域・自然に貢献、地域・自然が環境負荷を高めない付加価値追求で顧客に貢献、顧客が顧客志向による利益最大化で地権者・所有者・金融機関に貢献その中心にリゾートオペレーターがあります地権者・所有者・金融機関が利益を損なわない環境対策で地域・自然に貢献、地域・自然が環境負荷を高めない付加価値追求で顧客に貢献、顧客が顧客志向による利益最大化で地権者・所有者・金融機関に貢献その中心にリゾートオペレーターがあります

EIMY

星のや軽井沢を支えるエネルギーシステム、「EIMY=Energy In My Yard」。豊かな自然環境の上に成り立つリゾートとして、自然への負荷を最小限におさえるため、消費するエネルギーを自給自足できたならば、というシンプルな発想からうまれた水力発電と地熱利用による、エネルギー自給システムです。施設の中央を流れる川は、水力発電のためのダムの役割を果たしています。

EIMYで7割近くのエネルギーを自給自足。EIMYで7割近くのエネルギーを自給自足。

水力発電 - 川は心を和ます風景の一部でありながら、実は発電システムとなっている。ゴミを28種類に分別 - 正確に分別されているかを従業員が定期的にチェック、資源のリサイクルを推進。ヒートポンプ - 温泉のために引いてきたお湯の排湯や地中熱を利用してさらなる自然エネルギーを生み出す仕組み。風楼 - 客室の屋根に取り付けられた小屋根は「天然のエアコン」としての機能を持つ。水力発電 - 川は心を和ます風景の一部でありながら、実は発電システムとなっている。ゴミを28種類に分別 - 正確に分別されているかを従業員が定期的にチェック、資源のリサイクルを推進。ヒートポンプ - 温泉のために引いてきたお湯の排湯や地中熱を利用してさらなる自然エネルギーを生み出す仕組み。風楼 - 客室の屋根に取り付けられた小屋根は「天然のエアコン」としての機能を持つ。

エコツーリズムのあり方

軽井沢の自然を愛した先人たちの思いを継ぎ、生態系を保全し未来に残すために、1992年に誕生した「ピッキオ(注)」が、活動の幅を広げエコツーリズムを展開しています。

  • イタリア語でキツツキを意味し、「森と森に生きる動植物を未来に残していきたい」と強く願っている星野リゾートのグループ会社です。

環境教育、野生生物・保護管理、エコツーリズムサポート、エコツアー環境教育、野生生物・保護管理、エコツーリズムサポート、エコツアー