English Search

サステナビリティに関する外部評価

サステナビリティに関する外部評価

2020年GRESBリアルエステイト評価において、本投資法人は、GRESBレーティングで<2スター>を取得いたしました。また、ESG推進のための方針や組織体制などを評価する「マネジメント・コンポーネント」と保有物件での環境パフォーマンスやテナントとの取組等を評価する「パフォーマンス・コンポーネント」の双方において優れた参加者であることを示す「グリーンスター」の評価を獲得いたしました。
GRESB( http://gresb.com/ )は、不動産会社・ファンドの環境・社会・ガバナンス(ESG)配慮を測る年次のベンチマーク評価で、責任投資原則(PRI)を主導した欧州の主要年金基金グループを中心に創設されました。国内外の主要機関投資家によって投資先を選定する際などに活用されています。

グリーンビル認証取得物件数の割合

本投資法人の物件のうち、グリーンビルディング認証獲得は以下の通りです。
物件数:8
延床面積割合:5.3%

  • 2021年5月31日時点の取得状況を記載しています。
  • 延床面積割合=CASBEE・BELS取得済の物件の延床面積合計÷ポートフォリオ全体の延床面積合計
  • 延床面積は、各物件の検査済証に記載された面積に基づいています。
  • 取得割合は、小数第二位を四捨五入して記載しています。

新規取得施設(2021年取得)

星のや軽井沢(評価対象:ハルニレテラス)(Sランク★★★★★)取得
◆特に高く評価された項目
エネルギー/温暖化ガス 、屋内環境、 生物多様性/敷地
◆環境性能の特徴
かつて湯川沿いのハルニレの大木が立ち並ぶ美しい林を商業施設にする際、考えたのは木々と人間活動の共存です。 ホリゾンタルなレイヤーの木製テラスを使うことで、木々の根を 痛めつけず土壌を柔らかい状態に保てるようにして元々の植生を活かし、且つ人が遊歩道で木や川に近づけるように設計したことが評価されました。自然のままの美しい湯川を守るために、敢えて手を加えないという設計思想をもち、現在は買い物客、リラクゼーションを求める人々の広場になっています。

CASBEE は、国土交通省の主導のもと、日本で開発・普及が進められている建築物の総合的な環境性能を評価するシステムです。CASBEE 不動産評価認証は、CASBEE-不動産で評価された建築物について、その評価内容を審査し、的確であることを第三者機関が認証する制度で、評価は4段階(Sランク:★★★★★~B ランク:★★)で表示されます。CASBEE 不動産評価認証の内容等については以下をご参照ください。
CASBEE 不動産評価認証に関するウェブサイト: https://www.ibec.or.jp/CASBEE/certification/MP_certification.html

新規取得施設(2021年取得)

  • 界 加賀(評価対象:新館)(★★★★★)
  • カンデオホテルズ佐野(★★★★)
  • チサンイン 千葉浜野 R16(★★)

界 加賀

カンデオホテルズ佐野

チサンイン 千葉浜野 R16

2020年取得

  • 界 アルプス(評価対象:フロント棟)(★★★★)
  • BEB5軽井沢(★★)

界 アルプス
フロント棟

BEB5軽井沢

2019年取得

  • 界 鬼怒川(★★★★★)
  • クインテッサホテル大阪心斎橋(★★★)

界 鬼怒川

クインテッサホテル
大阪心斎橋

BELSは、国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」に基づく第三者認証制度の一つで省エネルギー性能を客観的に評価し、5段階の星マークで表示されます。