English Search

サステナビリティファイナンス

本投資法人及び本資産運用会社(株式会社星野リゾート・アセットマネジメント)は、ESGに配慮した投資及び資産運用を行うことが、投資主価値を最大化し、本投資法人の持続可能性を高める上で重要であると考えます。本投資法人は、この考え方に従い、サステナビリティへの取組みの一環として、グリーンボンドを発行しています。
今後も本投資法人は、グリーンボンドの発行に留まらず、サステナビリティポリシーに則り、社会課題の解決に向けてCSV(Creating Shared Value)を達成しつつ、独自性のある投資及び資産運用により未来に貢献していく方針です。

グリーンファイナンス・フレームワークの概要

本投資法人は、グリーンボンド原則ほか各種原則及びガイドラインに適合したグリーンファイナンスを実施するための基本方針として、グリーンファイナンス・フレームワークを策定いたしました。なお、本フレームワークの適格性については、株式会社日本格付研究所(JCR)より、最上位となる<総合評価 Green1(F)>の評価を取得しています。JCRによる評価レポートは、以下をご覧ください。

JCR グリーンファイナンス・フレームワーク評価レポート

本投資法人は、本フレームワークに基づいてグリーンファイナンスの実施、評価及び管理を行い、サステナビリティを意識した幅広い投資家へESG投資の機会を提供することを目指します。

1.調達資金の使途

グリーンファイナンスで調達された資金は、以下の適格クライテリアを満たすグリーンビルディングの取得資金もしくは同資金のリファイナンス等に充当する予定です。

2.適格クライテリア

この表は左右にスクロールできます。

(1)グリーンビルディング 下記①~④の第三者認証機関の認証(①については、(i)~(v)に定める取組みが行われていることを要します)のいずれかを取得済みもしくは今後取得予定の物件
  • ① BELS認証における2つ星、かつ当該物件において本投資法人もしくはオペレーターにより、以下の取組みが1つ以上行われていること

    <環境に資する付加的な取組み>

    • (i)EIMY(Energy In My Yard)(※)による自然エネルギーの調達(水力発電等)
    • (ii)(i)以外の自然エネルギー調達
    • (iii)「ゼロ・エミッション活動」による3R(リデュース、リユース、リサイクル)の実施
    • (iv)プラスチック製品の使用削減
      • 個包装ソープからポンプボトルへの切り替え
      • 歯ブラシリサイクルの実施
      • ペットボトル廃止 等
    • (v)自然保護活動
  • ② BELS認証における3つ星以上
  • ③ LEED認証におけるSilver以上
  • ④ CASBEE認証におけるB+以上
(2)省エネルギー性能 空調機器の更新、照明器具のLED化、蓄電システムの導入等省エネルギー機器の導入に関する費用(従来比10%以上の使用量もしくは排出量の削減効果が見込まれるもの)
(3)改修工事
  • ① 保有資産に係る改修工事で、CO2、エネルギー、水等の使用量または排出量の削減等、環境面において有益な改善が可能な工事(従来比10%以上の使用量もしくは排出量の削減効果が見込まれるもの)
  • ② 環境認証の取得、再取得、または1段階以上の改善を目的とした工事
(4)再生可能エネルギー 再生可能エネルギー発電設備の取得または設置

本投資法人が保有する資産のうち、グリーンファイナンス・フレームワークにおいて定められた適格クライテリアを満たす物件(グリーンビルディング)は以下のとおりです。

2021年10月31日時点

この表は左右にスクロールできます。

物件名
(評価対象)
取得価格
(百万円)(※1)
BELS認証 BELS認証2つ星における、環境に資する付加的な取組み CASBEE認証
界 鬼怒川 3,080 ★★★★★
クインテッサホテル大阪心斎橋 3,339 ★★★
界 アルプス
(フロント棟)
3,060
(※2)
★★★★
BEB5 軽井沢 2,170 ★★ プラスチック製品の使用削減(ポンプボトルの使用等)
界 加賀
(新館)
3,160
(※2)
★★★★★
カンデオホテルズ
佐野
1,260 ★★★★
星のや軽井沢
(ハルニレテラス)
7,600
(※2)
S(★★★★★)
合計 23,669
  • 金額については単位未満を切り捨てて記載しています。
  • BELS認証又はCASBEE認証の評価対象は、物件名の括弧内に記載のとおり、物件の一部分に限定されていますが、取得価格は、物件毎の取得価格の総額を記載しています。

3.プロジェクトの評価及び選定プロセス

グリーンファイナンスの調達資金の使途となる適格クライテリアに適合するプロジェクトについては、サステナビリティプロジェクトリーダーによって選定され、本資産運用会社の代表取締役社長、資産運用本部長、財務管理本部長、企画管理部長、コンプライアンス・オフィサー、並びにサステナビリティプロジェクトリーダーで構成されるESG委員会で評価・審議された後、本資産運用会社の取締役会にて決定され、本投資法人の役員会で報告されます。

4.調達資金の管理

グリーンファイナンスにより調達した資金は、口座に入金された後、遅滞なく適格クライテリアに適合するプロジェクトの取得資金に充当、もしくは適格クライテリアに適合するプロジェクトの取得に要した借入金のリファイナンスに充当いたします。
本資産運用会社は、調達資金の充当状況を社内の電子ファイル等の媒体で管理し、必要に応じて、本資産運用会社の取締役会及び本投資法人の役員会にて報告を行うほか、コンプライアンス部門及び監査法人による内部監査を実施いたします。
また、調達資金の充当が決定されるまでの間は、調達資金は、現金又は現金同等物にて管理します。全額充当後においても、評価対象の債券等が償還するまでに、資金使途の対象となる資産が売却又は毀損などにより、資金使途の対象から外れる場合、一時的に発生する未充当資金は、ポートフォリオ管理(※)にて管理します。

  • 決算期毎にグリーンファイナンス残高の合計額が、グリーン適格負債上限額[適格クライテリアを満たす資産(物件)合計額(取得金額)×総資産LTV+適格クライテリア(2)~(4)に充当した金額の合計額]を超えないことを確認する管理方法です。

5.レポーティング

(1)資金の充当状況に関するレポーティング

本投資法人のウェブサイトにおいて、本投資法人の決算期毎に、以下の内容を開示いたします。

  • グリーンファイナンスによる調達時点で未充当資金がある場合、充当計画
  • 資金使途の対象となる資産を償還・返済期間までに売却した場合には、ポートフォリオ管理にて残高管理をしている旨、またグリーンファイナンス残高及びグリーン適格負債上限額
(2)環境改善効果に関するレポーティング

本投資法人のウェブサイトにおいて、年次で以下の内容を開示いたします。

  • 取得資産の環境認証数・種類
  • (改修工事を対象とした場合)改修前と改修後のエネルギー使用量/水使用量
  • (再生可能エネルギーを対象とした場合)投資対象となる発電設備の年間発電量・CO2削減量(推定値)
  • EIMYによる年間発電量(水力発電等)
  • EIMY以外での自然エネルギー調達量
  • 生ゴミの堆肥化継続
  • プラスチック容器の削減量
    • ① シャンプー、コンディショナー、ボディソープのポンプボトル化継続
    • ② ペットボトルミネラルウォーターの段階的切り替え
  • リサイクル対象となった歯ブラシの本数

グリーンファイナンス・フレームワークに基づくレポーティング

(1)資金の充当状況に関するレポーティング(2021年10月31日時点)

グリーンボンド

この表は左右にスクロールできます。

名称 発行総額
(百万円)
発行日 償還期限 充当額
(百万円)
未充当額 資金使途の
対象となる物件
(※)
第2回無担保投資法人債
(愛称:星野リゾート・リート イニシアティブ グリーン「ふくろうボンド」)
1,300 2021年
8月26日
2031年
8月26日
1,300 BEB5 軽井沢
合計 1,300 1,300
  • 資金使途の対象となる物件は、第三者認証機関の認証(BELS認証・LEED認証・CASBEE認証のいずれか)を取得しています。各物件における認証の詳細については、【サステナビリティに関する外部評価】をご参照ください。

上記調達資金の資金使途の対象となっている資産の売却実績はありません。

グリーンファイナンス残高及びグリーン適格負債上限額(ポートフォリオ管理)(※1)

この表は左右にスクロールできます。

適格クライテリアを満たす物件(グリーンビルディング)数 7
適格クライテリアを満たす物件の取得価格総額(百万円)(①)(※2) 23,669
総資産LTV(%)(②)(※3) 38.3
適格クライテリア(2)~(4)に充当した金額の合計額(百万円)(③)
グリーン適格負債上限額(百万円)(①×②+③) 9,062
  • 金額については単位未満を切り捨て、比率については単位未満を四捨五入して記載しています。
  • 「界 アルプス(フロント棟)」、「界 加賀(新館)」及び「星のや軽井沢(ハルニレテラス)」については、BELS認証又はCASBEE認証の評価対象は、物件の一部分に限定されていますが、適格クライテリアを満たす物件の取得価格総額の算出にあたっては、物件毎の取得価格の総額を採用しています。
  • 総資産LTVは、2021年4月30日時点の実績値を採用しています。
グリーン適格
負債上限額
(百万円)
グリーン
ファイナンス残高
(百万円)
9,062 1,300
  • グリーンファイナンス残高は、グリーン適格負債上限額を超過していません。
(2)環境改善効果に関するレポーティング(2021年10月31日時点)

開示対象の物件は、本投資法人が保有する資産のうち、グリーンファイナンス・フレームワークにおいて定められた適格クライテリアを満たす物件で、かつ各レポーティング項目について、本投資法人が年間を通して保有し、データ集計が可能な物件に限ります。

取得資産の環境認証数・種類

【サステナビリティに関する外部評価】をご参照ください。

(改修工事を対象とした場合)改修前と改修後のエネルギー使用量/水使用量

改修工事を対象としたグリーンファイナンスによる資金調達実績はありません。

(再生可能エネルギーを対象とした場合)投資対象となる発電設備の年間発電量・CO2削減量(推定値)

再生可能エネルギーを対象としたグリーンファイナンスによる資金調達実績はありません。

EIMYによる年間発電量(水力発電等)    ※準備中

「星のや軽井沢」におけるEIMYによる年間発電量は以下のとおりです。

(単位:MWh)

この表は左右にスクロールできます。

物件名 2021年度 2022年度 2023年度
星のや軽井沢
  • 各年4月から3月までの年間の集計値を記載しています。

EIMY以外での自然エネルギー調達量

現状、「星のや軽井沢」以外の物件におけるEIMY以外での自然エネルギー調達実績はありません。

生ゴミの堆肥化継続

生ゴミの堆肥化に継続して取組んでいる物件は以下のとおりです。

  • 星のや軽井沢
  • BEB5軽井沢

プラスチック容器の削減量

① シャンプー、コンディショナー、ボディソープのポンプボトル化継続

以下の7物件において、シャンプー、コンディショナー、ボディソープのポンプボトルを使用しています。

  • 界 鬼怒川
  • クインテッサホテル大阪心斎橋
  • 界 アルプス
  • BEB5 軽井沢
  • 界 加賀
  • カンデオホテルズ佐野
  • 星のや軽井沢
② ペットボトルミネラルウォーターの段階的切り替え

以下の7物件においては、環境に対する負荷を抑えるため、宿泊客向けのペットボトルミネラルウォーターの提供を行っていません。

  • 界 鬼怒川
  • クインテッサホテル大阪心斎橋
  • 界 アルプス
  • BEB5 軽井沢
  • 界 加賀
  • カンデオホテルズ佐野
  • 星のや軽井沢

リサイクル対象となった歯ブラシの本数    ※準備中

(単位:本)

物件名 2021年度 2022年度 2023年度
界 鬼怒川
界 アルプス
BEB5 軽井沢
界 加賀
星のや軽井沢
  • 各年4月から3月までの年間の集計値(概算)を記載しています。